Public Beta

プレイ方法

「グウェント」は多様な戦術性を有しながらも、15分もあればプレイルールを完全に理解できるゲームだ。ゲーム内に一からゲームを学べるチュートリアルが備わっているが、こうやってウェブサイトを見ているということは、今すぐルールを覚えたいってことだな?

いい心がけだ、説明しよう!

ゲームボードはいくつかのエリアに分けられるが、中でも特に重要なのは“戦場”だ

戦場は近接・間接・攻城という3つの“列”で構成され、プレイヤーは各列にカードを配置していく。各カードには、“戦力値”と呼ばれる点数が設定されている。

ゲーム開始時、プレイヤーはデッキからカードを10枚ドロー

各カードには“戦力値”と“配置列”(近接、間接、攻城)が設定されており、さらに“アビリティ”を持つカードが存在。「グウェント」のカードにコストという概念はなく、1ターンに好きなカードを1枚プレイする。原則としてプレイヤーが使えるカードは、ゲーム開始時の10枚に加え、第2ラウンド開始時に引く2枚と、第3ラウンド開始時に引く1枚のみであることに注意しよう。

ゲームの勝利条件は単純明快:より多くの戦力を確保したプレイヤーが勝利

対戦相手よりも戦力の合計値が高いプレイヤーが勝利を掴む、シンプルなルールを採用。いかに上手にその点数を稼ぐか、そしてさまざまなカードの連携(コンボ)を駆使し、いかにうまく点数を操作するかが、勝負を制するうえでのコツとなる。

3ラウンド中2ラウンド先取で試合に勝利

第1・第2ラウンドを勢いよく連続で勝つプレイスタイルもあれば、わざと一戦を落とし、次のラウンドで確実に勝利していくプレイスタイルもありということだ。

プレイ方法

「グウェント」では、対戦相手よりも高い点数を稼ぐことが全て。“賢く”プレイをし、相手の裏をかいてより多くの戦力を確保しよう。3ラウンド中2ラウンドを先取したプレイヤーが勝者となる。

もっと知る

グウェントとは

好きな勢力を選んでデッキを構築し、世界中のプレイヤーと対戦

「グウェント」では、勢力ごとに異なるプレイスタイルのデッキを構築可能。偉大なる“ニルフガード帝国”、誇り高き“スケリッジ”、暴力的な“モンスター”、狡猾な“北方諸国”、そして謎めいた“スコイア=テル”の5つの勢力が存在。ユーザーフレンドリーなデッキビルダーと、カード生成機能を使って自由にデッキをカスタマイズしよう。ただ友達と対戦するもよし、名声と栄誉を求めてランクバトルにチャレンジするもよし。定期的に新しいカードが追加される「グウェント」は、進化続けるゲームだ。

対戦相手より強力なカードがなくても、賢くプレイすれば勝利を掴めるゲームデザイン

「グウェント」は力のぶつかり合いであると同時に、知恵比べのゲームでもある。システムがプレイヤーの所持カードを解析し、常に同程度の強さのプレイヤー同士をマッチングさせる仕組みとなっている。

勝利を掴み取るには、相手の裏をかくことが求められる。対戦相手を惹き込んで、多くのカードを消費させよう。わざと初戦を落とし、次のラウンドを確実に取るといった、今までのカードゲームにはない戦術も有効だ。

いまだ語られぬウィッチャーの物語を、シングルプレイキャンペーンを通じて楽しもう

『ウィッチャー3 ワイルドハント』の開発チームがおくるシングルプレイキャンペーンモードでは、マップ上を自由に動き回り、探索することが可能。シナリオはエピソード形式で配信予定。「ウィッチャー」シリーズに欠かせない物語の分岐要素も搭載している。

ゲームについて

「グウェント」では、カードは5つの勢力に分類される。自分のプレイスタイルに合った勢力を選び、ユーザーフレンドリーなデッキビルダーと、カード生成機能を駆使して自由にデッキをカスタマイズしよう。ただ友達と対戦するもよし、名声と栄誉を求めてランクバトルにチャレンジするもよしだ。

勢力

ニルフガード

“ニルフガード”は、南方に位置する大国で、他国への侵略の機会を虎視眈々と狙っている。外交術と謀略を巧みに操ることで敵の戦略を妨げ、勝利を我がものとする勢力だ。

モンスター

「ウィッチャー」の世界には、人々の生活を脅かす怪物たちが溢れており、その多くが“モンスター”に所属する。怪物たちは本能の赴くままに行動し、力を手に入れるための手段を選ばない。時には仲間を喰らってその力を吸収することも。

スケリッジ

“スケリッジ”の人々は、伝統と同胞を何よりも重んじる。死後に英雄として奉られた戦士は、いつの日かフラヤ神の力でこの世に蘇ると信じられており、死を恐れず戦う勢力でもある。

北方諸国

テメリアやレダニア、ケイドウェンといった国々からなる“北方諸国”は、他国の侵略を退けるため力を合わせることが多い。豊富な兵種と、優秀な攻城兵器の数々が、北方諸国軍の根幹となる。

スコイア=テル

“スコイア=テル”は、非人間族の独立のために戦うエルフやドワーフの反乱軍の総称だ。相手の死角からの奇襲を得意とした機敏な勢力であり、ゲリラ部隊を運用した“伏兵”戦法にも長けている。

『グウェント ウィッチャーカードゲーム』に待望の一人用ストーリーモードが実装

「ウィッチャー」制作陣が贈る、新たな物語

『奪われし玉座』では、ライリアとリヴィアの国を統べる女王メーヴを主人公とした、壮大な冒険譚が語られる。ニルフガードの侵略を受けたメーヴの破壊と復讐の旅路を追った、渾身のダークストーリー。「ウィッチャー」シリーズ同様に、プレイヤーの選択が物語の展開に影響を与えるマルチストーリーシステムを採用。再び「ウィッチャー」の世界が君を待ち受ける。

カードゲームを越えた冒険劇

いまだゲーム化されていない「ウィッチャー」の世界の一部分を、『グウェント』用に一から制作。探索可能なマップを舞台に、さまざまな選択を迫るサイドクエストや、ストーリーモードならではの『グウェント』バトルがプレイヤーを待ち受ける。拠点をカスタマイズし、資源や兵力を管理して、自分だけの軍隊を築き上げよう。

新しいカードが多数追加

『奪われし玉座』には、シングルプレイヤーキャンペーン専用に制作された多数のカードが収録。物語に沿ったカードがいくつも登場する。

本作を購入すると、『奪われし玉座』に関連したマルチプレイ用カード20枚を獲得できる。

2018年配信予定
通知を受け取る

最後のカードは、キミだ。

無料でプレイ

PlayStation 4 / Xbox One / PCで配信予定

本作はアイテム課金型の基本無料ゲームです

何かを変更したわけではありませんが、このウェブサイトでクッキーを利用していることをご利用者様に告知する義務が生じたため、告知させていただきます。
クッキーについて

このバナーを二度と表示しない