グウェント HOMECOMING PTR

グウェント ― ベータ版の終了、および正式版リリース日迫る! Homecomingプロジェクトによって「グウェント ウィッチャーカードゲーム」には多くの変更が実装されます。10月23日の正式版リリースを目前に、皆さんに新たなグウェントをお試しいただける機会 ― PTRをご用意いたしました。

ご参加いただけますか?

ゲームの主な変更点やよくある質問については、下記を参考にしてください。

オープンPTRにご参加いただきありがとうございました!

グウェントの主な変更点

デッキ構築

デッキ構築

  • 1つのデッキには最低25枚のカードを含める必要があります
  • カードにはそれぞれコストの概念があり、合計コストはデッキのコスト上限以内に収める必要があります。
  • デッキに組み込める同名カードの枚数上限は、ゴールドカードが1枚ずつ、ブロンズカードが最大2枚ずつとなります。なおシルバーカードは廃止となります。
  • 新カードタイプ:アーティファクト
ゲームメカニクスゲームメカニクス

ゲームメカニクス

  • 新たなメカニクス:命令アビリティ
  • 2種類のトラップカード ― 自動で効果が発動するトラップと、任意のタイミングで比較的控えめの効果を発動できるトラップの2種類があります。
  • ユニットが射程の数値を持っている場合、そのユニットのアビリティが影響する列数を表します。
  • 召喚:ユニットを場に召喚しても、配備アビリティは発動されません。配備アビリティを発動させるには、手札から直接カードを盤面に出す必要があります。
  • いくつかのカードは設置する列ごとに異なるアビリティを持ち、特定の列に置かない限りその効果は発動しません。

ゲームプレイ

カードドロー手札上限 ― プレイヤーは毎ラウンド開始時に3枚のカードを引きます。手札の上限は10枚となっており、それを超えたカードは自動的に破棄されます。

新しくなったカード交換システム ― プレイヤーは毎ラウンド開始時に任意のカードを交換(マリガン)することができます。各リーダーにはマリガンチャージの数値が割り振られており、ラウンド間で引き継がれます。よってチャージを5持つリーダーが最初のラウンドで3枚カードを交換すると、その後のラウンドでは残り2枚までマリガンすることが可能です。

試合開始時のコインフリップで先攻に選ばれたプレイヤーには、追加でマリガンチャージが1与えられます。同時に自軍のユニット1体を5ブーストするアーティファクトも与えられます。(1回のみ有効)

リーダーは以前のようにカードとして扱われるのではなく、「命令」のアビリティを持ち常に盤面上に存在するようになります。

ターン終了 ― 「命令」のアビリティが導入されたことで、以前のようにターンが自動的に終了することはなくなります。プレイヤーは「ターン終了」のボタンをクリックする必要があります。

パス ― プレイヤーは、「命令」アビリティやリーダーのアビリティを使わず、かつターン中にいずれのカードも使用しなかった場合のみパスをすることができます。また手札が0になった場合は、強制的にパスすることとなります。

よくある質問

それでは、お楽しみください!

何かを変更したわけではありませんが、このウェブサイトでクッキーを利用していることをご利用者様に告知する義務が生じたため、告知させていただきます。
クッキーについて

このバナーを二度と表示しない